トリック新作スペシャル

e0076213_22113829.jpg


 あの山田奈緒子と上田次郎が帰ってきた!
 と、いうことで劇場版2の制作発表にあわせて放映された「新作スペシャル」。
 久しぶりに二人に再会したレビュアー陣の感想は……?
 

e0076213_22134514.gif 私、山田と上田の夫婦漫才が大好きなんです。ちっとも進展しないふたりだけど、なんだかこのふたりのやり取りを見ているととっても安心するんです。嫌なことがあっても、家に帰って『トリック』のビデオを見ると、「私もこんな世界に行きたいな~」って思えるんです。そして『トリック』の見所と言えば、やっぱりあっちこっちに散りばめられたギャグですよね~! 毎回お馴染みの矢部さんの頭のネタも久しぶりに見れたし、とっても満足です。そして最後には「劇場版2」をやるって大ニュースが……もう、絶対に観に行きます! すっごく楽しみ♪
★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_2214131.gif 肝心のトリックはお粗末。ギャグ(なのか?)もゆるゆる。仲間のつくりものみたいな演技もうんざり。面白かったのは、本田博太郎(の死にざま)くらいかな。なんか、設定がスキだらけで、とても殺人とか起こっているようには思えない。緊張感もなにもない。そんな部分もなにもかも、全部わかってやってるとでも言いたげな雰囲気が、なんか、80年代の小劇場演劇みたいでした(本放送のときから)。あのうすら寒いギャグの連発がそんな気分をより助長させてますね。こんなの、昔腐るほど見ました。ですんで、今、この番組を期待して見ている層が、正直私には掴めないんですが。誰がお客さんなの?
★★ (2点)


e0076213_22142270.gif 消化試合って感はあるけど、見れば見たで面白い。まあ、他に選択肢がなければコレ……って程度には魅力的。麿赤児が浅草はなやしきのステージに立ってたり、「ウヌャニュペェギュゥリュ星人」のデザフェス辺りに出品されてそうなトラウマ系の造型とか、あえてテレビ画面を凝視してなくても目につく取って付けたような小ネタではしゃいでみるのが正しい楽しみ方なんだと思う。途中でトイレに立っても問題ないし、むしろお茶の間レベルの娯楽作としては優等生。好きか嫌いかではなく、許せるか許せないかという評価でならば、僕は「許せる」に一票。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_22143484.gif 文句なしに他人に勧められるのって、まだ「多少は謎解きさせる」「多少は中味を持たせる」って意識があった第1シリーズだけで、第2シリーズ、劇場版、第3と続くたびにネタ切れか客をナメて来たのかただの小ネタ集合体&夫婦漫才になっていった『トリック』……第3シリーズもかなり辛かったけど、これもいい加減出がらしの感が。ネタ自体はつまらなくないのに見ていて退屈だったのはこのシリーズをずっと見ていたからか、それとも単純に質の低下か。たぶん両方なんだろう。まあ、日曜洋画劇場を楽しみにまっているくらいの人には丁度いいのかもね。
★★★★ (4点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-06 22:14 | drama
<< バスジャック ニート >>