新選組!! 土方歳三 最期の一日

e0076213_21475658.jpg


 2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』の続編が正月時代劇として放映。
 近藤勇の死で終了した前作の続編は、土方歳三(山本耕史)を主役に据えて五稜郭攻防戦を描く後日談。
 奇しくも『古畑任三郎ファイナル』第一夜と三谷幸喜作品同士が裏番組で相打つことになった本作を、クロスレビューします。


e0076213_21481742.gif 大好きだった『新選組!』の中でも特にお気に入りだった土方(山本耕史)さんが主役のスペシャルが観られるなんて、それだけで幸せです! しかも関西歌舞伎のプリンス・片岡愛之助さんが榎本武揚役で山本さんとやりあうなんて、まさに夢の競演です! 一番感動したのは、それまで「死に場所」を求めていた土方さんが榎本さんとのやりとりの中で「生きるために」戦うことを決意したところです。最後は結局負けちゃう悲しいお話なんですけど、理想のために生きる男の人ってやっぱりカッコイイですよね。私は今時のチャラチャラした人よりも、こんな風にしっかりと自分の意見を持った中身のある人が好きだなあ。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2148464.gif 後日談としては上々の出来だけど、結局ファンアイテムの域からは半歩くらいしか出ていない。新撰組好きで見てた人には、連中のあいも変わらずな姿も見れて満足だろうが、そうでない人には新たに得られるものはなかったんじゃないかな。三谷なら榎本や大鳥の牢名主時代やその後を書いたほうが面白くなりそうだ。主人公を偉く見せるために他の人物を小物に描く、という歴史物常套の手は鼻につくけど、後半うまく挽回できていた。吹越満はいい役者だなあ。榎本も悪くはないが降参したあと牛飼いたい、なんて発想がのんき過ぎる。土方の最期に近藤が…というのは覚悟はしていたが、やっぱり香取はカンベンしてほしかった。
★★★★★ (5点)


e0076213_2149044.gif 俺は以前『新撰組!』を『ガンダムSEED』に似てると評したけれども、同じ意味でこれは『デスティニー』とそっくりだ。薄っぺらいキャラが身の丈に合わない役回りを背負い込んでドツボにハマっていく『新撰組!』前半にはそれなりの切なさを感じたけれども、大物気取りで暑苦しく天下国家を語るようになった後半にはついていけなかった。『土方~』も天下国家とか語っちゃってる自分たちに対する違和感とかそんなものはまったく描かれず、ただひたすら空疎な理想論と大仰な悲壮感が垂れ流されるだけ。こういうのをクソロマンチシズムと言う。絵面もしょぼいしまったくいいとこナシ。
★★ (2点)


e0076213_21491661.gif 前半の土方VS榎本のロマンをめぐるやりとりは三谷ダイアローグの見本のような素晴らしい出来。中身がないって? 三谷幸喜にそれを求めるのが間違い(笑)。三谷にとってテーマは物語を盛り上げるためのスパイスに過ぎない。だから結論が宙吊りでも中身がなくても機能さえすれば三谷ドラマは成立する。だが本作の問題は、前半の名ダイアローグをもってしても、「負け戦をカッコよく見せる」という最大のポイントをクリアできなかった(テーマが物語に貢献しなかった)こと。大河ドラマも後半ここでつまづいていたが、全く同じ過ちを繰り返している。惜しい出来なのだけど、これが三谷メソッドの限界かも。榎本は愛之助に代えて正解。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-01-20 21:49 | drama
<< ゲルマニウムの夜 古畑任三郎ファイナル >>