ホテル・ルワンダ

e0076213_2324148.jpg

 アフリカのルワンダで内紛による大量虐殺の危機から人々を救った、実在のホテルマンの姿を描いた感動ドラマ。日本公開は危ぶまれていたが、若者によるインターネットでの署名運動が功を奏し、公開が実現した話題作。ブログ論壇に話題を提供し、若者たちを夜な夜な充実した議論の世界に招き入れた(?)本作を徹底レビューします!


e0076213_2332165.gif 号泣です。そして不安になりました。たった10年くらい前に、同じ世界の遠い国でこんな酷いことがあったなんて! それなのに私は、この平和な日本でのんびりと暮らして、マンガやアニメのことばかり考えていたなんて……。今すぐ「何かしなきゃ」って気持ちになりました。とりあえず今すぐブログを借りて、この違和感をもっとたくさんの人に訴えたいと思っています。それが、私に出来る数少ないことだし、私みたいな人でも誰かの役に立てるんだなあ、と思うととっても充実します。ルワンダの虐殺のことを知ることで、私の生きる道がわかったような気がします。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2333740.gif 話題性先行のブームになってしまっている感はあるが、やはり作品自体の力もスゴい。次から次へと迫り来る危機を機転と勇気で切り抜けていくという正統サバイバルホラーとしての面白さをしっかりと満たしつつ、ドン・チードルの情けないほどの小市民っぷりが、民族浄化というブッ飛んだ状況の凄惨さを際立たせている。 ただし基本的にノンフィクションだから見終わったあとやりきれない気分になるのはまず間違いないので、見るかどうかは自己責任で。欧米がルワンダを見捨てる直接の契機となる事件を描いた『ブラックホーク・ダウン』も併せて観ると、精神衛生的にはちょうどいいかも。
★★★★★ ★★ (7点)


e0076213_2335639.jpg 「出てくる人全員ものすごく普通で普通過ぎてその普通っぷりにうちひしがれた。皆自分の損得を第一に考えて、そこから最善の策を切り出そうとする。そのギリギリの線が美しいなあと思いました。ポールさんとか国連軍の大佐とか。あと出国しようとしたけど不本意な形でホテルに戻ってきた奥さんのブチギレっぷりとかがよかった。トータルで人間臭い映画だなあと思いました。あ、でも車襲ったりする民兵の皆さんやる気なさ過ぎ。バイト君かお前ら。フツパワーはそんなものなのか!なんつーかポールさんになれる自信はまるっきりないので、せめてラジオに煽動される人たちみたいにならないように生きていきたいなあ、なるべく。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2341239.gif 正直、公開署名運動には「みんな<確実に価値のあること>が欲しいんだね」と冷笑していた天邪鬼な僕ですが、いざ観に行くとフツーに出来のいいお涙頂戴映画になっていて感心&反省しました(笑)。ごめんなさい、心打たれまました、ハイ。「これは実際にあった話なんだ」というリアリティと、娯楽映画としての単純化の塩梅が絶妙で、例えば「いい人」と「悪い人」の境界線がかなりはっきりしたキャラ配置になっていることも見ている間は(気付いたけど)まったく気にならなかったほど。圧倒的な暴力を止められないもどかしさの演出も巧い。さすがにネットで騒がれているようなナイーブな正議論には関心がもてないけど、観て外れのないアンパイ映画としてオススメ。
★★★★★ ★★ (7点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-03-30 23:04 | movie
<< 機動戦士ΖガンダムIII 星の... エリ・エリ・レマ・サバクタニ >>