カテゴリ:movie( 26 )

いつか読書する日



e0076213_2035764.jpg
 坂道の多い小さな町。まだ薄暗い夜明け、牛乳瓶の詰まった鞄を背負って、今日も彼女は家々のあいだをひた走る。
 大場美奈子(田中裕子)。50才、独身。朝は牛乳配達、昼はスーパーで働き、日々を暮らしている。
 毎夜ひとりのベッドでする読書。頁をめくるかすかな音が、ひっそりとした家にこだまする。静かな生活。ただひとつ、胸の奥のあの人を忘れることが出来たなら……。
 
 この秋、密かなブームを起こしている、緒方明監督(『独立少年合唱団』)の最新作が登場!
 



e0076213_2043099.gif 映画館で予告を観たときから、もうずっと観たかった作品です。映画館に行くとすごい人で、人ごみが苦手な私はちょっと辛かったけれど、観終わったあとは感動で胸がっぱいで、本当に観て良かったと思いました。30年以上もひとりの人を想い続けるって、どんな気持ちなのかなあ。地味な映画ですけど、「純愛」が好きな人って本当はとっても多いと思うので、機会があったらぜひ観て下さい。すっかり田中裕子さんのファンになっちゃったなあ。あんな生活、私には無理だけれどちょっぴり憧れます。でも朝早くからあんな坂道を牛乳配達するのって、私には絶対無理かも。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2044926.gif 私は学生時代、中年とは30代後半ぐらいかと漠然と思っていたが、この映画の宣材では50代を中年と呼んでいる。確かに100歳ぐらいまで生きられる現在の高齢化社会ではそうなのかもしれない。本作は高齢化社会を扱った映画であるが、従来ならメインになったはずの惚けた夫を世話する妻の話は一挿話で済まされ、本編は50代の中年の純愛物語である。若い頃に許されなかった恋を持続したまま普通の日常生活を続け、それが50代になってから破られる瞬間を田中裕子と岸部一徳が巧く演じている。『NANA』や『タッチ』のような若い子の恋愛映画もいいが、今後はこういうタイプの映画も増えてくるだろう。地味ながら硬派で美しい佳作である。
★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_2051133.gif 物語そのものは地味だし悲惨なのですが、それに対峙する二人のたたずまいがどこまでも誠実で頑固でしかも謙虚。日常のどうしようもない出来事を、田中さんと一徳さんの堅実さが根底でぐっと支えていて、だから向き合う人間の心次第で事実はどんな色にでも変わりうるっていうことをちょっとだけ信じさせてくれる映画です。あと、中年の恋愛ってこんなふうにかっこわるくてみっともなくて、でもそれが本当なんだっていう、そういうふうに描いてもらえると私のような中途半端な若者らは現実的な夢みれていいんじゃないかな。偽りで塗り固めて美化しまくった不倫映画って多いけど、それらにはない品っていうものがこの映画にはあるように思います。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2052777.gif とにかく田中裕子がいい。17歳の恋を引きずったまま独りで生きてきた「50歳の少女」の何と魅力的なことか! 淡々と過ごす日常の一こま、橋の上ではじめてその名を叫ぶその瞬間、そしてラストの笑顔……どの場面を取っても彼女一人で映画を息づかせている。「本を読む女」が「手紙」を出して、受け取り、その過程が「小説」に書きとめられ、その周囲を痴呆の老人が「文字」を求めてさまよう……文字に刻みつけられた記憶が、時間をかけて人を支えるものに育っていくという「言葉」を巡る物語としても秀逸。それだけに、あのラストはやや安易だと思う。
★★★★★ ★★★ (8点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-11-21 20:06 | movie

さよならCOLOR



e0076213_10585362.jpg
 人気バンド、スーパーバタードッグの同名曲をモチーフにした竹中直人の「連弾」('91)以来、ひさびさの監督・主演作。医師とガン患者として再会した高校時代の同級生の純愛を描く。
 海を臨む病院に勤める医師・正平(竹中直人)の元に、子宮がんを患った未知子(原田知世)が入院してきた。偶然にも未知子は、正平が高校時代思い焦がれた初恋の人、その当人であった……。

 

e0076213_1111654.gif 私、実は竹中直人さんって大好きなんです! 『ウォーターボーイズ』も『ピンポン』も竹中さんが出てくるだけで楽しい気分になっちゃいます。個性的な俳優さんって、やっぱりいいですよね! この映画もそんな竹中さんの個性がたっぷり楽しめるいい映画です。そして、最後はたっぷり泣けちゃいます。こういうのって、本物の純愛ですよね! 私もこれから付き合うなら、見かけばっかりの軽い人よりも、竹中さんみたいに気持ちがあったかくて、面白い人がいいなあって思います。主題歌とポスターの青い車のある海岸の景色がとっても素敵だったので、もっとたっぷり見せてほしかった気もします。 
★★★★★ ★★★★(9点)


e0076213_10594755.gif 風吹ジュン、鈴木京香、中山美穂点…と続く、竹中女優リスペクトシリーズの最新作に迎えたマドンナは『時かけ』の原田知世! 基本的に難病ものメロドラマなのだが、高校時代のクラスの変人とその憧れのヒロインという特異な関係がこの映画独特の味付けである。簡単にいえば高校時代に純粋すぎて恋愛を成就できなかった者が大人になってから恋愛リベンジする話で、彼女に惚れさせ、夫と別れさせるところまでいっておきながら、自分は犠牲になって死ぬという勝ち逃げパターン。逃げられた原田はどうすればいいのか。そう考えると男の願望だけで作った映画で、それがプラトニックなだけにかなりキザである。三枚目竹中だから許されるけどね。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_110755.gif 東京日和を大前提として観に行ったから、今回は裏ルートで来たなって思いました。竹中さんに品がないない、笑いに走る走る。最初、ちょっとだけ目をふせたくなったけれど(苦笑)、ラストにかけてはいつもの麗しさに流れていって最終的には同じ感じ。あと、東京日和にわざとシュチエーションを似せてつくっていました。男の心の美しさ(+地位とか才能)と、女性の見た目の美しさ(内面を反映しているかは不明)がくっきりと対比されています。それと、できるだけ原田さんを普通の女性にみせる努力をしていました。前のようにヒロインを偶像として描いてはいなかったです。そこらへんが新鮮といえばそうかも。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_1102525.gif 竹中直人が自分の役者としての個性がどうすれば生きるかという計算と、願望充足的なオヤジ妄想との間でうまくバランスを取った作品。内容的には『電車男』みたいな非モテ男子が「人間的な深さ」を見せて美人をゲットする話。ややクサ目だが、丁寧につくられていて大抵の人間が素朴に「観て良かった」と思うであろう良作ではある。しかし、劇場の大画面で観なきゃ損する絵があるわけでもないし、今すぐ観なきゃ!というようなドキドキ間もまったくない凡作でもあるので(笑)暇なときにビデオを借りてくるだけで充分でしょう。原田知世はオバさんになってからの方が、普通に綺麗で好きだなあ。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-10-23 11:00 | movie

メゾン・ド・ヒミコ

e0076213_22581643.jpg
 『ジョゼと虎と魚たち』で一世を風靡した犬童一心監督×渡辺あや脚本コンビの第二弾は、5年間あたためた企画『メゾン・ド・ヒミコ』。
 ゲイである父親に捨てられた過去もつヒロイン(柴崎コウ)が、父の若い愛人(オダギリジョー)の勧めで、父の経営するゲイ専門の老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」のスタッフとなり、死病に侵された父との再会、そしてゲイコミュニティとのふれあいを体験する。



e0076213_22583661.gif 大好きだった『ジョゼと虎と魚たち』から2年……ついに渡辺あやさん(脚本)と犬童一心さん(監督)のコンビの映画が登場ですね! ゲイの人たちの話と聞いて、最初はちょっと入り込みにくいなあって思っていたんですけど、後半はあの老人ホームがひとつの家族みたいに思えてきて、とっても暖かい気持ちになれました。こんな人間関係があれば、きっと何があっても強く生きていけますよね。オダギリさんと柴咲コウさんには結ばれて欲しかったけど、最後はとっても感動しました。一番好きなシーンはみんなで夜の街に遊びに行くところです。観て絶対損はしないいい映画です。騙されたと思って観て下さい!
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_230309.gif 実現するまで5年もの歳月がかかった本作は同監督の『タッチ』とは比べ物にならないぐらい濃密にグツグツと煮込まれていて、見終わったあと、しばらく頭の中で整理がつかない。ここでいうゲイとは一人一人が生まれながらに違っているという人間の「個」の象徴であり、これはその「個」を巡る物語である。脚本の渡辺あやは「個」と血縁は切り離せるのか、「個」の共同体は可能なのか、また愛に「個」は必要だが肉体関係に「個」はむしろ邪魔だとか、あらゆる視点から「個」の問題に切り込んでいく。結局老いや死の前では「個」は滅ばざるを得ないのだが、それゆえに「個」が見せる一瞬の煌めきが実にいとおしく美しく描かれる。注目すべき力作。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_22592712.gif ジョゼと比べるとメゾンはすこし散漫だったし、新鮮さに欠けていた気がしました。桃源郷的な共同体もゲイとの関係も嘘っぽい話なので、ファンタジーに徹するかリアルで通すかはっきりしてほしかったです。例えばダンスシーンで現実(素の表情っていう意味でのリアル)に引き戻されたりすると、観てる側としては非現実的な側面に注目せざるを得なくなります。コスプレのシーンにもちょっと違和感を感じました。ただしこれらすべてを凌駕するほどにオダギリジョーが麗しい。だからメゾンはトータルでは好き。ってかオダギリ最高。彼は確実に良くなっています。数年前に見たときはうすっぺらないまどきの美男子だったのに。こんなにいい男だったっけ?
★★★★★ (5点)


e0076213_22594746.gif『ジョセ』が身障者や部落差別の問題を口当たりのいい泣きサプリメントに加工した作品なら、今度は「ゲイ問題」で同じ手を使った作品(笑)。悪意すら感じるこの手法は政治的には問題アリかもしれないが、威力は抜群。犬童全開の淡い画面作りや絶妙な対象への距離感も相まって、構造が全部透けて見えるのについ手が伸びてしまう上品な味わいに仕上がっている。マイノリティとの交流をレジャーとして消費することへの後ろめたさが織り込まれているのも前作同様だが、『ジョゼ』ではそこで被差別者の覚悟と諦念が提示されたのに対し、本作では一歩進んで差別者のレジャーを受け入れる寛容さが希望として提示されるのが興味深い。現代的な疎外感(笑)が擬似家族に回収されるってのはありがちな発想だけど。
★★★★★ ★★★ (8点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-10-17 23:03 | movie

NANA

e0076213_0144245.jpg
「あたしは運命とか信じちゃうタチだから、あたしたちの出会いは運命だったと思うんだ」……原作は矢沢あいの人気コミック。同じ日に同じ列車で上京した同名のふたり奈々(宮崎あおい)とナナ(中島美嘉)は同い歳の二十歳。恋愛依存症の奈々とメジャーデビューを狙うロックバンドのシンガー・ナナは、偶然東京で再会し、ひょんなことから同居をはじめる……。
 って、ことで話題の『NANA』映画版です。


e0076213_0141997.gif 矢沢あいさんは『天使なんかじゃない』の頃からの大ファンです。あの頃の矢沢さんは普通に楽しい学園生活を描いていて、私はどっちかというとクラスの隅の方にいたのですっごく憧れていました。『NANA』ってそんな矢沢さんの集大成。それも宮崎あおいちゃんに中島美嘉さん、松田龍平さんに、玉山鉄二さんなんて夢のキャストで映画化なんですからもうサイコーです。中島さんの主題歌も素敵だし、言うことナシですね! 映画は本当にいいところで終わっていて、この後ハチを中心にどろどろの関係になっちゃうことを考えるとちょっとフクザツ。でも、とっても面白かったです。
 ★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_014377.gif 映画としてはカット割りも単調でアップが多すぎてイマイチだったけどNANAとしてはこれでOKだと思う。必要以上に詰め込まなかった手堅い脚本が成功の要因。 まぁ男の役者がノブ役の成宮君以外はイマイチだったけどそのギャップも面白がる要素として有りだと思う。ただブラストやトラネスのバンドとしてのカリスマ性がいざ実写化された時、ただのJ・POPにしか聴こえなくて、それでいいのか?と思ったけどやっぱりNANAとしてはこれでOKだと思う。あとアニメ声の幸子がショウジを毒牙にかけ落としていく過程は必見、普通に面白い。だから結論としては女子高生からキャバクラ嬢まで満足できる作品にはなっていると思う。
 ★★★★★ (5点)
 

e0076213_0133926.gif 漫画の方は読んでいないので、大谷健太郎監督作品として見た。この人は『アベック モン マリ』や『とらばいゆ』などドロドロの人間関係を描くのが得意だが、本作もその作家性がうまく生かされている。ハチの彼氏が心と裏腹にバイト先の女とくっついて、それを目の当たりにする場面などは両者に同情できるので、大の男が思わずもらい泣きしそうになった(笑)。またナナがレンに鍵を返しに行くも引き戻されて、エレベーター前で泣き崩れる演出も、最近の薄っぺらな映画とは違い、真っ向からドラマに挑んでいて見応えがある。宮崎あおいは相変わらず上手いが、中島美嘉は前半かなり辛い。後半は慣れてきて上手くなっていたが。
 ★★★★★ ★★★ (8点)
 

e0076213_0132741.gif 原作のまとめ方が巧い。傑作サークルクラッシャー話だった『約三十の嘘』には劣るが、修羅場大好き監督大谷の起用も当って、誰が観ても楽しめるよくできた作品に。矢沢あいってプロットと内面描写はイイんだけど、センスが悪いのがネック。雪国の苦労話とか、ネーミングとか、さすがに恥ずかしいけど、客層考えるとこれぐらい大味じゃないといけないのは納得。フツーの人は勿論、(今更の)QJ矢沢特集とか読んで(今更)お勉強中のC級文化オヤジにもわからせなきゃいけないしね(笑)。宮崎あおいの「可愛いけど絶対付き合いたくない女」ぶりと、サエコのアニメ声が強烈。中島と松田はコスプレにしか見えないが微笑ましい。
 ★★★★★ ★ (6点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-10-04 00:17 | movie

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

e0076213_3472153.jpg
「鬼」(仮面ライダー)に変身して妖怪退治を行う戦士たちの姿を描く、東映特撮ヒーローの映画版。現代を舞台にしたTV版とリンクしつつも、映画版は戦国時代が舞台。『七人の侍』をベースに、妖怪に襲われた村を守るために「鬼」たちが結集する。……って、ことで、すっかりお馴染みになった夏の平成ライダー劇場版。脚本は毎年劇場版の脚本を書いている井上敏樹。井上は奇しくもTV版の(視聴率不振による)路線変更によって途中参加したばかり。TV版ではファンの猛反発を受けた井上版「響鬼」、その評価は果たして……?



e0076213_3484936.gif ヒビキさんのキャラとか、画面の雰囲気がいつものテレビとちょっと違うけれど、『響鬼』の心があったかくなるようなところはしっかりあって安心して観られました。現在と過去がリンクして、最後の戦いに流れ込んでいくお話のもっていき方がすっごく上手ですよね。7人の鬼さんたちはみんな個性的なんですけど、時間がなくてひとりひとりのことがあんまり印象に残りませんでした。あ、でもテレビでザンキさんやっている人が出ていたのは嬉しかったです! 面白かったんですけど、普通すぎてあんまり思い出には残らないような気がします。私はイブキさんとあきらちゃんのコンビが大好きなので、あのふたりにもっと出てほしかったです。
★★★★★ ★★ (7点)


e0076213_3464839.gif クールな大人がメタな視点に立てば絶対好意的に受け取らざるを得ない幼児向け超娯楽大作。劇場のライトが再び点灯した瞬間、大人も子供も寝ていなかったというのは平成ライダー史上初の快挙。純粋に子どもが楽しめる作品は、大人の鑑賞にも堪えうるという証拠だろう。公開翌日のTV版・第30話からはメインスタッフ入れ替えという同時多発的な茶番も勃発し、公式ブログのコメント欄では保守派と改革派による骨肉の愛憎劇が繰り広げられている。大きなお友達は映画よりそっちに夢中なのがもったいない。一連の騒動は白倉Pと井上脚本による「いい加減に目覚めなさい」という叱咤激励だと思えば万事許せるはず。得点は嫌味ではなく、けっこう本気。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_3462238.gif にぎやかなつくりで楽しく見れました。それにしても、安部麻美のアイドル人生に止めを刺す一作。我らがアイドルモッチーを助けるために、鬼達はかなりナメた技で安部麻美を袋叩き。結局、オロチも装甲響鬼も強いけど本当に勝ったのは間違い無くモッチー。モッチー最強ですね。でもモッチーはハードル高いんですよ……。ビンボ臭い安部麻美は無理としても、せめてあきら派になれれば人は幻想を卒業して自然な妥協への扉が開かれるのではないかと思うのですが……。けれど「神様助けて」とか言ってるとこにちょっとムカついても、ボクは結局モッチー派。はあ、ボクはあんなに努力したのに、なんでモッチーみたいな彼女ができないんだろう。
★★★★★ ★★(7点)


e0076213_3455680.gif TV版が数字取れなかった理由って、幼児相手にオッサンのロマンを押し付けたからでしょ? ヒビキさんは毎回いいこと言ってるけど、こんなやり口でアピールしても誰も尊敬してくれないよ(笑)。現に喜んでいるのはオッサンばかりだし。って、ことでTV版に投入された井上敏樹脚本の映画版だけど、ヒネリもないが穴もない佳作。時代劇パートの東映京都組も頑張っているし。テーマ控えめは子供対策なんだろうけど、こういう「ガキにはお子様ランチを」って発想は逆に子供をナメた考えだよね。TV前半で痛い目にあったのはわかるけど、平成ライダーが怪物番組たり得たのは、大人も楽しめるドラマで子供も惹き付けたからだってことは忘れるべきじゃない。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-09-24 03:55 | movie

タッチ

e0076213_22273441.gif
 80年代半ばにアニメ化されて、国民的人気を博したあだち充の有名漫画の実写映画化。監督は『ジョゼと虎と魚たち』『死に花』の犬童一心。
 上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)は双子の兄弟。隣に住む浅倉南(長澤まさみ)とは、小さな頃から何をするにもいつも一緒の幼馴染み。スポーツ万能で成績優秀な弟の和也と明るく可愛い南は誰もが認める似合いのカップル。それに反し、兄の達也は落ちこぼれ。だが南が好きなのは達也の方だった……。微妙な三角関係がこのまま続くと思いきや……と、いう解説すらもはや不要だろう。アニメ化で人気が最高潮に達した85年から20年目の実写映画化。さて、その出来は……?


e0076213_22275322.gif 歳がばれそうで怖いけれど、原作もアニメ版も私の青春です(キッパリ)! タっちゃんは私の理想の男の子……だったんですけど、実は私、南ちゃんがちょっと苦手なんです。同じクラスにいたら絶対に仲良くなれなかったと思うし。正直、あんまり女の子に好かれる子じゃないですよね……。でも、この映画の南ちゃんはあんまり嫌味なとこがなくて、好きになれました。クライマックスでアニメの『タッチ』の曲がかかるシーンは、昔このアニメが好きだった頃のことを思い出して泣いちゃいました。もう、この曲を聴けただけで私は満足です!
 ★★★★★ ★★★ (8点)


e0076213_22281935.gif 映画単品として見たなら物足りない部分は多々あるが長編スポーツ漫画の映画化という困難な題材と犬童一心がどう格闘したか?そのせめぎ合いが面白かった。あと凄く南ちゃんがエロかった。というより達也と和也が南を見つめる男子高校生目線がエロくてドキドキする、南がその視線に無自覚な分だけタチが悪い。 しかも相手は長澤まさみなのだ。彼女が薄着で部屋にいて、自分のいない時に兄貴と何をしてるか妄想が膨らめば、そりゃおかしくもなって焦る。だから前半の和也の顔がえらく切ない。そういう童貞男子高校生の匂い立つ青さはしっかり刻み込まれてて、その一点で好感を持つ。
 ★★★★★ (5点)
 

e0076213_22283592.gif あの『タッチ』を『ジョゼ…』の犬童監督が映画化!っていうので期待したのだが、やっぱりダイジェストにしかならないわけで。キャラのオミットはもちろん、原作にある独特の間も再現できない。しかもぬいぐるみの投げ合いとか、雨の中で泣き叫ぶとか…見ているこっちが赤面するような場面がテンコ盛り。君はどこまで耐えられるか。せめて舞台を80年代にしておけばまだ少しは見られたと思う。基本的には長澤まさみをメインにして作られているので、新体操こそしないが、彼女の見せ場はたっぷりある。彼女のために上杉家は神宮球場までバスで行ける距離にされた(笑)。
 ★★★★ (4点)
 

e0076213_22291668.gif 長澤まさみも好きだし、『キッズ・ウォー』以来斉藤兄弟も応援しているんで、褒めてあげたいけど……企画そのものにムリがあったことは明白。もっと大胆な脚色しないと絶対2時間に収まるわけがないのに、原作が有名すぎてあまり変えられなかったという事情が透けて見える。結果、TVの総集編よろしくあらすじだけで展開する、掘り下げのない泣かせ話を延々と見せられるハメに。犬童とは思えないほどつくりが粗い。あだち充が作り上げたあの「間」がこの作品の命なのにね。その点、杉井ギサブローのアニメ版は良くできていた。まあ最近なんでも泣いちゃう人多いから、この程度で丁度いいのかも。
 ★★★★ (4点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-09-17 22:29 | movie