カテゴリ:drama( 4 )

新選組!! 土方歳三 最期の一日

e0076213_21475658.jpg


 2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』の続編が正月時代劇として放映。
 近藤勇の死で終了した前作の続編は、土方歳三(山本耕史)を主役に据えて五稜郭攻防戦を描く後日談。
 奇しくも『古畑任三郎ファイナル』第一夜と三谷幸喜作品同士が裏番組で相打つことになった本作を、クロスレビューします。


e0076213_21481742.gif 大好きだった『新選組!』の中でも特にお気に入りだった土方(山本耕史)さんが主役のスペシャルが観られるなんて、それだけで幸せです! しかも関西歌舞伎のプリンス・片岡愛之助さんが榎本武揚役で山本さんとやりあうなんて、まさに夢の競演です! 一番感動したのは、それまで「死に場所」を求めていた土方さんが榎本さんとのやりとりの中で「生きるために」戦うことを決意したところです。最後は結局負けちゃう悲しいお話なんですけど、理想のために生きる男の人ってやっぱりカッコイイですよね。私は今時のチャラチャラした人よりも、こんな風にしっかりと自分の意見を持った中身のある人が好きだなあ。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_2148464.gif 後日談としては上々の出来だけど、結局ファンアイテムの域からは半歩くらいしか出ていない。新撰組好きで見てた人には、連中のあいも変わらずな姿も見れて満足だろうが、そうでない人には新たに得られるものはなかったんじゃないかな。三谷なら榎本や大鳥の牢名主時代やその後を書いたほうが面白くなりそうだ。主人公を偉く見せるために他の人物を小物に描く、という歴史物常套の手は鼻につくけど、後半うまく挽回できていた。吹越満はいい役者だなあ。榎本も悪くはないが降参したあと牛飼いたい、なんて発想がのんき過ぎる。土方の最期に近藤が…というのは覚悟はしていたが、やっぱり香取はカンベンしてほしかった。
★★★★★ (5点)


e0076213_2149044.gif 俺は以前『新撰組!』を『ガンダムSEED』に似てると評したけれども、同じ意味でこれは『デスティニー』とそっくりだ。薄っぺらいキャラが身の丈に合わない役回りを背負い込んでドツボにハマっていく『新撰組!』前半にはそれなりの切なさを感じたけれども、大物気取りで暑苦しく天下国家を語るようになった後半にはついていけなかった。『土方~』も天下国家とか語っちゃってる自分たちに対する違和感とかそんなものはまったく描かれず、ただひたすら空疎な理想論と大仰な悲壮感が垂れ流されるだけ。こういうのをクソロマンチシズムと言う。絵面もしょぼいしまったくいいとこナシ。
★★ (2点)


e0076213_21491661.gif 前半の土方VS榎本のロマンをめぐるやりとりは三谷ダイアローグの見本のような素晴らしい出来。中身がないって? 三谷幸喜にそれを求めるのが間違い(笑)。三谷にとってテーマは物語を盛り上げるためのスパイスに過ぎない。だから結論が宙吊りでも中身がなくても機能さえすれば三谷ドラマは成立する。だが本作の問題は、前半の名ダイアローグをもってしても、「負け戦をカッコよく見せる」という最大のポイントをクリアできなかった(テーマが物語に貢献しなかった)こと。大河ドラマも後半ここでつまづいていたが、全く同じ過ちを繰り返している。惜しい出来なのだけど、これが三谷メソッドの限界かも。榎本は愛之助に代えて正解。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-01-20 21:49 | drama

古畑任三郎ファイナル

e0076213_22362543.jpg
 「和製コロンボの決定版」としてスタートした三谷幸喜脚本の人気ドラマシリーズがついに完結!
 今回は3夜構成で、第一夜(藤原竜也&石坂浩二)、第二夜(イチロー)、第三夜(松嶋菜々子)を犯人役に迎え、古畑(田村正和)との対決が描かれた。
 さて、その出来栄えはいかに……!



e0076213_22364672.gif もう、あの古畑さんに会えなくなるなんて悲しすぎます! 古畑さんって、本当にいたら絶対に友達にはなりたくない感じの人ですけど、こうしてお話の中に出てくる分には大好きでした。特に今泉君とのやりとりは毎回いちばん楽しみにしていました。この『ファイナル』は大ファンの藤原竜也クンが出ている最初のお話を楽しみにしていたんですけど、一番感動したのは最後の松嶋菜々子さんのお話のラストシーンでした。古畑さんって、本当は人の痛みがわかる優しい人だったんですね。最後の静かなダンスは、一生忘れられない美しいシーンだったと思います。でもやっぱり終わっちゃうのが寂しいです~。
★★★★★ ★★★★ (10点) 


e0076213_2237735.gif 気負った感じもなくまったりと迎えたファイナル。シリーズ第一作目にリンクするラストはなんか無理矢理だったけど、妙にしみじみしてしまった。やたらと「ドラマやマンガじゃあるまいし…」とか「みんな視聴率に左右されすぎ」といったメタなセリフが耳に残ったが、そういった視聴者のメタな視点はすべて、ベタなストーリーで斬り返される。相変わらず推理は乱暴だけど、そこは古畑の論点でないから突っ込むだけ野暮というものですね。ちなみに第一夜「今、蘇る死」は古畑が出てこなくても充分単発でイケたんじゃないかと思うくらいにお気に入り。特に藤原竜也の声優ボイスとヤオイ演技が、我が家の腐女子に大絶賛でした。
★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_22373885.jpg 第1夜がトリック・エピソード構成上の「最も手強い計画殺人」、第2夜が99年スペシャルのSMAPにつづく「本人役有名スターもの」、第3夜が「女性犯人役との淡いロマンス」と、それぞれ異なる目玉をばらけさせて人気シリーズの集大成をやろうとする企画性は秀逸で、3夜の流れは総じて楽しめました。が、第3夜の双子入れ替わり話は、シリーズの1エピソードとしては充分面白かったけど、ファイナルに持ってくる大トリとしては役者のスペシャル感や趣向性がいまいち。「ドラマ脚本家」や「ブルガリ三四郎」といった道具立てからは、ある程度シリーズ終幕に相応しい自己言及性を狙っていた形跡も見受けられるんですが、それと第1シリーズ第1話の女性漫画家話を重ね合わせる意図とがバッティングして中途半端になってしまったのが残念。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_22375747.gif 第3シリーズがかなり酷かったのでどうなることかと思いきや、まずまずの出来で安心。第1夜の2段オチ、第3夜のラストシーンの余韻に比して、第2夜がただイチローが出ているだけで物足りなかったけど、まあこんなもんでしょう。ただ、第3シリーズから顕著になった自己言及ネタは大した批評意識があるわけでもなく、単に興ざめ。3夜の中森明菜のことに触れるシーンはファンサービスだったのだろうけど、個人的には古畑は腹の底では何を考えているのかわからない怪人物でいて欲しかった気もする。シリーズ全体を総括するならやはり、脂がのっていたのは第2シリーズからSMAP編にかけてでしょう。とりあえず和製コロンボの決定版として恥ずかしくないシリーズでした。お疲れ様。
★★★★★ ★ (6点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-01-19 22:39 | drama

トリック新作スペシャル

e0076213_22113829.jpg


 あの山田奈緒子と上田次郎が帰ってきた!
 と、いうことで劇場版2の制作発表にあわせて放映された「新作スペシャル」。
 久しぶりに二人に再会したレビュアー陣の感想は……?
 

e0076213_22134514.gif 私、山田と上田の夫婦漫才が大好きなんです。ちっとも進展しないふたりだけど、なんだかこのふたりのやり取りを見ているととっても安心するんです。嫌なことがあっても、家に帰って『トリック』のビデオを見ると、「私もこんな世界に行きたいな~」って思えるんです。そして『トリック』の見所と言えば、やっぱりあっちこっちに散りばめられたギャグですよね~! 毎回お馴染みの矢部さんの頭のネタも久しぶりに見れたし、とっても満足です。そして最後には「劇場版2」をやるって大ニュースが……もう、絶対に観に行きます! すっごく楽しみ♪
★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_2214131.gif 肝心のトリックはお粗末。ギャグ(なのか?)もゆるゆる。仲間のつくりものみたいな演技もうんざり。面白かったのは、本田博太郎(の死にざま)くらいかな。なんか、設定がスキだらけで、とても殺人とか起こっているようには思えない。緊張感もなにもない。そんな部分もなにもかも、全部わかってやってるとでも言いたげな雰囲気が、なんか、80年代の小劇場演劇みたいでした(本放送のときから)。あのうすら寒いギャグの連発がそんな気分をより助長させてますね。こんなの、昔腐るほど見ました。ですんで、今、この番組を期待して見ている層が、正直私には掴めないんですが。誰がお客さんなの?
★★ (2点)


e0076213_22142270.gif 消化試合って感はあるけど、見れば見たで面白い。まあ、他に選択肢がなければコレ……って程度には魅力的。麿赤児が浅草はなやしきのステージに立ってたり、「ウヌャニュペェギュゥリュ星人」のデザフェス辺りに出品されてそうなトラウマ系の造型とか、あえてテレビ画面を凝視してなくても目につく取って付けたような小ネタではしゃいでみるのが正しい楽しみ方なんだと思う。途中でトイレに立っても問題ないし、むしろお茶の間レベルの娯楽作としては優等生。好きか嫌いかではなく、許せるか許せないかという評価でならば、僕は「許せる」に一票。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_22143484.gif 文句なしに他人に勧められるのって、まだ「多少は謎解きさせる」「多少は中味を持たせる」って意識があった第1シリーズだけで、第2シリーズ、劇場版、第3と続くたびにネタ切れか客をナメて来たのかただの小ネタ集合体&夫婦漫才になっていった『トリック』……第3シリーズもかなり辛かったけど、これもいい加減出がらしの感が。ネタ自体はつまらなくないのに見ていて退屈だったのはこのシリーズをずっと見ていたからか、それとも単純に質の低下か。たぶん両方なんだろう。まあ、日曜洋画劇場を楽しみにまっているくらいの人には丁度いいのかもね。
★★★★ (4点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-06 22:14 | drama

白線流し ~夢見る頃を過ぎても

e0076213_23515120.jpg
 95年の最初の連続ドラマ放映から10年。「視聴者に媚びないドラマ」を合言葉に(笑)、男女7人の青春を描いてきた『白線流し』シリーズもついに完結。
 海外青年協力隊で知り合った美里と結婚して、製材所で働く渉。その渉と別れを告げ、母校・松本北高校の教員として働く園子、一児の母となったストレスで酒びたりになったまどかとその夫の慎司。東京でそれぞれ、弁護士とスタイリストとして活躍する優介と茅乃。そして脚本「白線流し」を投稿できずにいる冬美……。
 七人が30を目前に落としどころを探る最後のテレビスペシャルをレビューしました。 公式サイト



e0076213_23521340.gif この作品の最初のシリーズは、私がちょうど受験生のときにテレビでやっていて、毎週楽しみに観ていました。私もソノコちゃんたちと同じように、当時進路のことですごく悩んでいて……でも最後まで夢を諦めない渉さんに勇気をもらって、人間の心の不思議を勉強するために心理学科を受験しました。大学に入ったばかりのころは、ソノコちゃんみたいにちょっと遊んじゃったこともありました。結局、今の私はカウンセラーにはまだなれないでいるけれど、何年かに一度、『白線流し』のスペシャルがあって、それを見るたびに自分を見つめなおしています。さすがにちょっと強引な終わり方だったけれど、渉さんが天文台に就職できて良かったです!
★★★★★ ★★ (7点)


e0076213_23523131.gif 変にリアルなトコと古臭い少女漫画的な世界観の組み合わせがちぐはぐ。ネタとしてはいいけど真剣に見る気にはなれない。まぁ、大きすぎる過去とどう折り合いをつけるか?というトコで同じ信本敬子のカウボーイビバップを 連想して楽しめたけど、長瀬の奥さんのご都合主義的な排徐はどうだろう? それにしても無理に思い出や腐れ縁の仲間と切れずに傷を舐めあって歳を重ねてくのは別にいいんだけど「思い出オナニー」を見せ付けられるのは小学生にとってはたまったもんじゃないよなぁ……と思い入れのない身としては思った。はいはい羨ましいんです。俺も8番目の星になって青春送りたかったんだよ。畜生!
★★★ (3点)


e0076213_23525061.gif ん~、結局ソノコは弁護士のあいつにヤらせたのか? それともやらずぼったくりだったのか? これでサークルクラッシュしないなんて、長野の人はきっと自然に囲まれて素朴に育ったから気性が穏やかなんだろうな。俺はこのドラマに出てくる奴等とほとんど同い年で、最初のドラマも高校の寮で観ていたんだけど、作っている奴等が「人間27、8になれば田舎に帰ってつまらない人生送ることに納得するだろ」と思っているのがすげームカつく。ヒトラーが27歳の頃なんて、まだ一等兵か二等兵だろ?悪いけど俺は、まだまだ「これから」だと思っているけどね。 俺も長瀬みたいに、夢をあきらめないぞ~。
I shall return ……!
★★★ (3点)


e0076213_23531777.gif 照れながら、突っ込みながらお茶の間で楽しむ分には最初のシリーズは良作だと思うんだけどね……。その後のテレビスペシャルは、オッサンとオバちゃんが手探りで「最近の若い人ってこうなんじゃいないの?」って考えて話を作っている感じがすごくして、そして見事にその中途半端なリアリティが空回りしていた。唯一本当にリアルだったのは主人公・七倉ソノコの無自覚なお嬢さんぶり。この愛すべき優等生特有の勘違いだけはすげーリアルだった。この完結編について話すと、無理矢理終わらせすぎ。渉の奥さんは死ぬし、最後は何故か天文台が生き残るし、とりあえずハッピーエンドにしましたって感じ。ソノコたちよりスタッフが迷っているよね。
★★ (2点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-10-19 23:53 | drama