<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アンダーカレント

 
e0076213_21421485.jpg


 婿養子に逃げられた銭湯の女主人の前に現れた、どこか陰のある釜たき男。
 行方不明の夫のことを想いながら、ヒロインは釜たき男と微妙な距離感を保ちながら日常を過ごしていくが……。
 豊田徹也によるアフタヌーン文芸漫画の話題作が登場!
 

e0076213_21425374.gif なんか、昔の映画みたいですよね。下町の人情もの。でも、この漫画の世界ってひんやりとしていてとても不思議な感じがします。かなえさんと堀さんの関係も、なんだか大人同士って感じで憧れちゃいます。私はこういうお話は素直に感動したい方なのでもうちょっとラブラブなやりとりが見たかったかもです。キャラクターでは近所のおじいちゃんが好き。あの探偵さんも好みのタイプじゃないけどいい味が出ていると思います。こういう文学っぽいのも素敵ですけど、次はもう少し楽しくてわかりやすい作品が読みたいです。あと私、あんまりこのかなえさんの気持ちがわかんないかも。
★★★★★ ★★★ (8点)


e0076213_214333100.gif 旦那に失踪された銭湯の女主人を巡る、それぞれにちょっとワケアリ気味な人たちの人間模様。基本的にはメロドラマ=感傷の気持ちよさに酔うための物語であって、憂いに満ちた未亡人(別に旦那死んでないけど)ってやっぱいいよねというだけの話なのだが、大友克洋を思わせる乾いた描線と抑制の効いたダイアログ、そしてものすごくよくできた映画のようなレイアウトとカット割りの上手さによって、メロドラマ特有の黴臭さを感じさせない、むしろコミカルさすら感じされる作品になっている。そのあたりがサブカル漫画スキーにも人気なポイントだろう。話は正直どうでもいいんだが読んでてとにかくキモチイイ漫画。かなえさん萌え。あとサブじいの懐の猫がかわいい。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_2143507.gif ドラマ性の徹底的な排除や小津系の映画を意識しまくったセリフ回しに加え、さびれた銭湯という舞台設定はもう、いかにもアフタヌーンな文芸マンガ。朝日の日曜の書評欄ではおそらく、主人公のトラウマと釜炊きの男の人生がクローズアップされるんだろうけど、そんな簡単に読めるマンガじゃないと思う。物語に弾力を与えているのは誰あろう、主人公の失踪した夫を探す探偵で、何かをわかっているようで実は何も分かっていない思わせる高田純次的軽薄さが素晴らしい。作者のメッセージは最終回のサブじいのセリフに集約されてると読むのがまずは妥当だが、あれだけで分かったつもりになって悦に入っている読者を嘲笑う作者の底意地の悪さに気が付かないとダメ。
★★★★★ ★★★ (8点)


e0076213_2144755.gif さりげない演出が絶妙。無駄にドラマチックなコマ割りでやたらとあざとい演出が好きな人が最近多い中、きちんと地力で勝負して、これだけやれているのがすごい。無駄のあるようでない構成、地味なドラマ展開を支えるしっかりとした描写、二重三重に韜晦する脇役たちがもたらす深み……どれを取ってもすばらしい。俗情に流されず、ストイックに終わらせるのもよく心得ている。それだけにヒロインの幼児期のトラウマにすべてを収斂させるオチはやはり疑問。トラウマなんかない普通の女が、いつの間にかあんな気だるさを身につけてしまっている方がずっと魅力的で深いのに。不満はあるが、世評に違わない佳作であることは確実。
★★★★★ ★★ (7点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-23 21:44 | comic

平成マシンガンズ


e0076213_2056538.jpg
 今年も発動、河出文藝賞メソッド! 選考委員が口を揃えて「15歳だから受賞させたんじゃない」と説明した三並夏『平成マシンガンズ』。現役女子中学生の、実力はいかに!?
 

e0076213_20563265.gif 綿矢りさちゃんに続く天才がついに登場です! 私も、中学や高校の頃はクラスのすみの方で、グループの人間関係のことばかり考えていました。あの頃って本当に生きている世界が狭くて、息苦しくて……この作品はそんな頃のことを思い出させてくれます。か弱い女の子が世の中のことをシビアに捉えた上で強く生きていこうとするところとか、「夢の中に出てくるマシンガン」って発想とか、私の大好きな桜庭一樹さんみたいでとっても共感できます。きっと次の作品や、次の次の作品だとこの厳しい世界で具体的にどうやって生きていくのかが描かれるんじゃないかなあと思うので今からドキドキです。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_20571267.gif 文体も話も決して突出してるとは思わないしラストも唐突な感は確かにある。15歳という年齢だっていず14,13歳の新人が出てきて追い抜かれるだろう、でもここまで切実な、今書かざるおえなかったという切実感が漂う作品というのはめったに出会えないし仮にこの作者がスキルを上げていったとしても、もうこういう作品は書けないと思う。その意味で大変貴重で結論を言うとコレは知識も経験も未熟な15歳の女の子が未熟なりに生きていくために考え出した思想書だと思う。他者に依存しない承認を求めない、まず強くなり自分を取り巻く環境について知りマシンガンを向ける相手について考えようという出発点は凛としていてカッコいい。だから評価する。
★★★★★ ★★★★★ (10点)


e0076213_20573391.gif 15歳という作者の年齢抜きには読めないわけですが、若者の「瑞々しい感性」を評価するか、「世界の狭さ」を批判するかと言われれば、後者寄りかな。いじめ、登校拒否、義母との不仲、父親との冷えた関係、実母からの拒絶。自分にとっては悲劇であっても、それらは世界中で起きているありふれた事件である、という透徹した認識に至ることで主人公は前に進む。けれど、それは開けているようでいて狭い、ただの諦念なのではないでしょうか。なにより、15歳でこんな小説を書けてしまうのは悲しいことだ。現役中学生ならもっと青臭く拘泥し続けようよ、あらゆることにさあ!
★★★★ (4点)


e0076213_20575624.gif 一昨年出ていれば褒められたのに。このタイミングで出てきても『蹴りたい背中』『野ブタ。をプロデュース』と続いた河出スクールカースト系の最後尾にしかならない。類似品量産するとジャンルごと陳腐化するからやめようよ(笑)。まあ、出来自体は悪くなくて、文章もややあざといが達者。安易に和解や恋愛を持ち込まない自己抑制も効いている。けれど、ラストに主人公の少女がたどり着く諦念は前提のそのまた前提。今更「平坦な戦場にようこそ」みたいなこと言われてもねぇ(笑)。15歳という年齢を考えてもこれは射程が短い。これが連ドラの第1話だったらいいんだけど、ここで終りなんでしょ? このマシンガンじゃ豆鉄砲くらいの威力しかない。砂糖菓子よりは効くけど。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-20 20:58 | novel

仮面ライダー the First


e0076213_21354765.jpg

 あの本郷猛と一文字隼人が帰ってきた!
 21世紀の技術を駆使して蘇る、初代「仮面ライダー」伝説……。
 鳴り物入りで発表されながら、ロクに宣伝もされずいつの間にか公開されていたいろんな意味で話題の「仮面ライダー」リファイン企画、さて、その出来は如何に!?



e0076213_21361685.gif 私は昔の仮面ライダーって、なんか子供っぽいし、あんまり好みの役者さんが出てこないから全然興味がなかったんですけど、この映画はすっごく楽しみにしていました! だって黄川田将也さんに高野八誠さんですよ! 特に黄川田さんは密かに私の中でブレイク中なんです。映画はなんか昔のドラマみたいなお話で、変身ヒーローにあんまり興味がない私も普通に見られました、でも、高野さんが真っ赤なオープンカーに乗って女の子に声をかけていたのにはちょっと引いちゃったかも。ヘビの怪人に改造されちゃった恋人のお話は悲しかったです。一瞬だけ出てきたバイク屋のおじさんって何だったんですか?
★★★★★ ★★★ (8点)


e0076213_2136302.gif 最近のTVのやつは見ていないが、これでもストロンガーあたりまでは追いかけていたライダーファンである。今回は「原点回帰」ということで一応見に行ったけど、なんじゃこの穴だらけの脚本は、井上敏樹! 時間軸が変だし、改造人間は定期的に血を入れ替えなければならないという設定が回収されていない。天本英世が幹部というのもあざといし、小林涼子はスネークじゃなく、そこはハチ女でしょ!(違うか) 本郷猛が研究者でいながらバイカーだという設定も無理があるし…。出渕裕のライダーのデザインがかっこよかっただけに、このダメ脚本は惜しかった。旧TV版へのオマージュなんかいらないのに。リベンジの第2弾希望。
★★★ (3点)


e0076213_21364894.jpg OPからものすごくかっこ良くてアクションシーンはドキドキしながら見れました。本当にかっこいい。ライダーキックで敵が爆発して決めポーズ。これだけでお腹いっぱいです。ドラマ部分は90分という尺の短さと、役者の演技力に少し物足りなさを感じました。三田村少年サイドのパートが結構良かった分、主人公パートがあまり魅力的に見えなかったのかもしれませんが。あと、トンデモ本な「水からの伝言」からインスパイアしたと思われる水の結晶ネタには最初飲んでたコーラ吹きそうになりましたが、フィクションだしいいかな、と思うことにしました。きっとそのうちディレクターズカット版がでるだろうからそちらにも期待したいところです。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_2137542.gif なんでメロドラマなの? 『響鬼』の迷走もあわせて、東映の制作部がガタガタになっているんじゃないかと心配になる一作。出淵のアレンジデザイン以外が全てダメ。80年代後半のトレンディドラマでもやらなかったようなこのクサさは何の冗談? パロディでやっているならから回りしすぎだし、本気なら気が狂ったとしか思えない。このスタッフは予算とその使い方を間違えないプロデュサーがいれば『555劇場版』みたいな日本特撮の美学を生かした上質のアクション映画を作れるんだから、白倉さんしっかりしてくれよ! 脚本で唯一面白かったのは「セカチュー」カップルが病院(ショッカー系列)に騙されて改造人間にされるエピソード。
★★★ (3点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-13 21:38 | movie

バスジャック

 
e0076213_21231362.jpg


 デビュー作『となり町戦争』で一世を風靡した三崎亜紀の第2作は全7編の短編集!
 レビュアー陣の評価はいかに?


e0076213_2122797.gif なんか乙一さんみたいだなあ、というのが第一印象です。乙一さんの本ほどには泣けませんでしたけど、どのお話も「よくこんなこと思いつくなあ」って感心しちゃうような不思議なお話ばかりで、夢中で読み通してしまいました。私が感動したのは、「私の頭の中の消しゴム」みたいな切ない恋物語『二人の記憶』と、最後の『』です。特に『』は最後に車椅子の男の子を「送る」ところで泣いちゃいました。『バスジャック』ってタイトルはなんか怖そうですけど、どちらかと言えばゾクゾクするんじゃなくて安心できる作品です。
★★★★★ ★★★(8点)


e0076213_2122212.gif 前作、となり町戦争を読んでて面白かったのは、一つのシステムとして戦争を描いていた点だ。この人は役所に勤めていた経験からだろうか?自分たちの感情とは別にいつの間にか動いているシステム、環境にとても敏感で、その不可視なものに対する意識がそのまま作品に表れる。この短編集でもそれは健在で見えないものとどう対峙するかがテーマの人なのだろうと思う。読んでて感じるのは諸星大二郎+村上春樹。諸星的な部分が強く出てるバスジャックと動物園は傑作、得に動物園は小説でしかできない作品だと思う。逆に春樹テイストのギャルゲー臭い「送りの夏」はイマイチ、辻仁成レベルで甘々。でもその両立が人気の源なんだろうなぁ。
★★★★★ ★★ (7点 )


e0076213_21224112.gif『となり町戦争』の悪い意味での青臭さと春樹臭にはがっかりさせられたが、この人のアイデア勝負的なところは明らかに短編向き。一人称のベタなナルシズムも短編であることによって軽減され、口当たりが良くなっている。古い例えでアレだが、爽やかな『世にも奇妙な物語』と言った体裁の物語は、気がつきそうで誰も気がつかないアイデア(ネタ)が安定した一人称の語り(ベタ)で調理されることによって、誰もが安心して読める作品に仕上がっていると思う。しかしその分食い足りないのも事実で、個人的には、表題作の『バスジャック』のネタからベタへの快楽なんかは、爽やかなバトロワ風味の長編にしたら売れると思うけど筆力的に無理かなあ。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_21225872.gif『となり町戦争』がヒットしたのはセカイ系的な問題意識をオタクの想像力から切り離したところで展開したのと、まさに「田舎公務員が無駄に文化系」センス全開の(いい意味での)青臭さがあったからだと思う。で、この短編集だけど、つまらなくはないが褒めるほどじゃないアイデアがずらりと並んで、それなりに読めるけど驚いたり揺さぶられたりは絶対しない一冊。手堅い出来ではあるんだけど、三崎にこれを期待している人がどれだけいることか。お勧めは「負け犬」寸前の女性を主役に据えた『動物園』。この話は「見られる」自意識の問題というテーマを「変身」というメタファーで展開したのが(ありがちだが)面白い。
★★★★★ (5点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-09 21:23 | novel

トリック新作スペシャル

e0076213_22113829.jpg


 あの山田奈緒子と上田次郎が帰ってきた!
 と、いうことで劇場版2の制作発表にあわせて放映された「新作スペシャル」。
 久しぶりに二人に再会したレビュアー陣の感想は……?
 

e0076213_22134514.gif 私、山田と上田の夫婦漫才が大好きなんです。ちっとも進展しないふたりだけど、なんだかこのふたりのやり取りを見ているととっても安心するんです。嫌なことがあっても、家に帰って『トリック』のビデオを見ると、「私もこんな世界に行きたいな~」って思えるんです。そして『トリック』の見所と言えば、やっぱりあっちこっちに散りばめられたギャグですよね~! 毎回お馴染みの矢部さんの頭のネタも久しぶりに見れたし、とっても満足です。そして最後には「劇場版2」をやるって大ニュースが……もう、絶対に観に行きます! すっごく楽しみ♪
★★★★★ ★★★★ (9点)


e0076213_2214131.gif 肝心のトリックはお粗末。ギャグ(なのか?)もゆるゆる。仲間のつくりものみたいな演技もうんざり。面白かったのは、本田博太郎(の死にざま)くらいかな。なんか、設定がスキだらけで、とても殺人とか起こっているようには思えない。緊張感もなにもない。そんな部分もなにもかも、全部わかってやってるとでも言いたげな雰囲気が、なんか、80年代の小劇場演劇みたいでした(本放送のときから)。あのうすら寒いギャグの連発がそんな気分をより助長させてますね。こんなの、昔腐るほど見ました。ですんで、今、この番組を期待して見ている層が、正直私には掴めないんですが。誰がお客さんなの?
★★ (2点)


e0076213_22142270.gif 消化試合って感はあるけど、見れば見たで面白い。まあ、他に選択肢がなければコレ……って程度には魅力的。麿赤児が浅草はなやしきのステージに立ってたり、「ウヌャニュペェギュゥリュ星人」のデザフェス辺りに出品されてそうなトラウマ系の造型とか、あえてテレビ画面を凝視してなくても目につく取って付けたような小ネタではしゃいでみるのが正しい楽しみ方なんだと思う。途中でトイレに立っても問題ないし、むしろお茶の間レベルの娯楽作としては優等生。好きか嫌いかではなく、許せるか許せないかという評価でならば、僕は「許せる」に一票。
★★★★★ ★ (6点)


e0076213_22143484.gif 文句なしに他人に勧められるのって、まだ「多少は謎解きさせる」「多少は中味を持たせる」って意識があった第1シリーズだけで、第2シリーズ、劇場版、第3と続くたびにネタ切れか客をナメて来たのかただの小ネタ集合体&夫婦漫才になっていった『トリック』……第3シリーズもかなり辛かったけど、これもいい加減出がらしの感が。ネタ自体はつまらなくないのに見ていて退屈だったのはこのシリーズをずっと見ていたからか、それとも単純に質の低下か。たぶん両方なんだろう。まあ、日曜洋画劇場を楽しみにまっているくらいの人には丁度いいのかもね。
★★★★ (4点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-06 22:14 | drama

ニート

e0076213_2093765.jpg


 駆け出し負け犬女性作家と、ニート青年との淡い関係を描く表題作。大阪の彼女と名古屋の育ての母との間で揺れる東京のホテルマンを描いた「へたれ」他全5編の短編集。高学歴バブル就職→ドロップアウトという経歴をもつ作家・絲山秋子の最新作。芥川賞に3度、直木賞に1度振られた彼女。これで逆襲なるか!?



e0076213_20102713.gif 絲山秋子さんってどんな人なんだろうっていっつも想像するんです。きっと本当は頭が良くて、敏感な人なんだけど、敏感すぎて辛い恋をしたり、心を病んでしまったりして社会からこぼれおちちゃった人だと思うんです。私は絶対にこういう生き方は出来ないけど、こういう人生を歩んでいる人じゃないと書けない独特の雰囲気がとっても文学っぽくて私は大好きです。誤解しないでくださいね、私はちゃんと働かないといけないって思っている人だし、こういう恋ってお互いを傷つけるだけだと思うんですけど……。でもこういうちょっと不道徳なのがやっぱり文学っぽくていいんですよね!
★★★★★ ★★ (7点)
 
 
e0076213_2010546.gif えー、女性版「キミと私」で、負け犬女がニートにダメ萌えする話。萌えるのは一向に構わないが、それ以上に文芸としての面白さに欠ける。文体も淡々としていると言うよりは単に味気が無く、全体的にパフォーマティヴな面白さの域を出ない。低所得層の行き詰った恋愛と言う意味では、本書に描かれる状況は政治的には正しいのかもしれないが、自己の弱さ、反社会性をダメ男に転化し、それを恋愛やら行き場の無い切ない気持ちやらのオブラートで包み込んで高尚なものに仕立て上げる心理は、泣きゲーで可哀想な女の子萌えしているエロゲーマーのメンタリティと何ら変わらない。個人的にはbookoffで叩き売られてても買うかどうか怪しいところ。
★★★(3点)


e0076213_20111535.gif 一貫してニート的な男性との恋愛を題材にしてきた絲山秋子だが、そろそろ作家としての転換期を迎えている模様。弱くて優しいダメ男との交流が、今作では初めてゆるやかに破綻している。『ニート』の「先のことはわからないし、恋人や夫婦の関係でもないけど、アンタの面倒くらい私が見てあげるわよ」というエンディング、これまでの絲山作品にも共通する母性の決意が、続編の『2+1』では完全に挫けて終わっている。その後で、なお友達以上・恋人未満の繋がりに希望を見出せるのか。……セックス無しのヌルい男女関係に見切りをつけた結果が、スカトロプレイ(『愛なんかいらねー』)だったりして(笑)。次回作が楽しみだなあ。
★★★★★ ★★★  (8点)


e0076213_20113434.gif どんどん自己模倣に陥っているイト山が例によって芸のない「だめんず萌え」&「ドロップアウトした私が好き」を展開(笑)。デビュー作の『イッツ・オンリー・トーク』の微妙な倦怠感からどんどん単純化&後退しているのにそこそこの位置に収まりそうになっているのは「だめんず萌え」メンヘル負け犬キャラで売り出したイト山に文壇中年が萌えているのと、そんなイト山に憧れちゃうカワイソーな女子がそれなりの数いるってことなんだろうけど、いい加減誰か言ってあげたら? まあ、『だめんずウォーカー』に出るほどにはモテない負け犬女子も、こういうキャラ売りでいけば浅田彰まで褒めてくれるんだから、狙ってやっているであろうイト山女史は大したものなのかも。
★★★ (3点)
[PR]
by wakusei2ndnews | 2005-12-01 20:11 | novel