<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リーンの翼


e0076213_23583098.jpg

 あの富野由悠季監督の最新作OVA『リーンの翼』が、ついに完結! 日米ハーフのエイサップ鈴木を主人公に新たなバイストン・ウェルの物語がここに展開。元・特攻隊員にして、異世界の王となった前作(小説版)の主人公・迫水が、21世紀の東京に復讐するために侵略の手を伸ばす! 戦後日本に対する愛憎入り混じる怪作を、徹底レビューしました。





e0076213_23585773.gif 正直言って4回目くらいまでお話がよくわかりませんでした。なんか変な名前の登場人物がいきなりたくさんでてくるし、私ではとてもじゃないですけど頭に入りきりません~! でも、本当にこういうパニックがあったら、人間って結構こんな風になるんじゃないかなあ、とは思いました。後半はオーラバトラーの闘いがとってもすごくて、退屈はしませんでしたけど、なんかいきなり歴史とか重いテーマが入ってきてビックリしました。いつのまにかエイサップ君とお姫様がラブラブになっていたのもちょっと驚き。うーん、まだ整理できないなあ。
(7点) ★★★★★ ★★



e0076213_23592643.gif 日本の防衛問題にはじまり、家庭不和、過剰人口、技術至上主義への警鐘、在日朝鮮人差別に至るまで、ありとあらゆる「面と向かいあわなければならない」ものをすごい勢いでかき混ぜて、ロボット活劇の枠に押さえ込んだ超力技作。主役は一応エイサップ鈴木なんだけど、このヘンな名前じゃなければ、存在感は皆無だっただろう。 だって終始サコミズ王に食われっぱなしだったから。 ああいう野心家を描かせると富野は本当に上手い。『24』でお馴染み小山力也の熱演もあいまって存在感は圧倒的。 大の「男」を主人公にして物語を描く、って今の日本のアニメでは貴重だ。 最後の締めがちょいとご都合主義なのが-1点。リュクスの絶対領域に+2点。
(7点) ★★★★★ ★★



e0076213_23593966.gif こりゃひどい。30分×6話というのは確かに一つの物語を成立させるのに十分な長さではないかもしれないが、それにしてもこのとっ散らかりぶりはあまりにも無惨。登場人物たちの行動原理もほとんど意味不明のまま物語は脈絡もなくあっちに行ったりこっちに行ったりして、そしてまったく収拾のつかないまま終わる。なんのためにこんなマイナーな作品を掘り出してきたのか。単に太平洋戦争語りをしたかっただけなのか。それにしたってこんな情緒的なだけの語りにいまさら意味があるとも思えない。ただ終盤のサコミズ王の狂乱っぷりは『∀ガンダム』のギンガナム御大将に迫るものがあり、ネタとしては面白いが……。
(2点) ★★



e0076213_000100.gif 富野監督の悪い癖が出てしまった作品。序盤の速すぎる展開と説明不足は最近の富野作品共通の致命的な欠点なのだが、周囲に指摘できる人がいないのか治る気配もない。中年信者はこれもまた「味」だと解釈してくれるだろうが、そんな連中に受けて本当に嬉しいんですか? と尋ねたくなる。その一方で終盤、サコミズ王(元特攻隊員)が21世紀の東京に絶望して暴れまわるシーンは圧巻。ウヨとかサヨとか、低レベルな次元を超越した(笑)富野電波&ほとばしる情念のあふれる演出は、病的だが(いや、それゆえに)魅力的。若い人は長所と短所を両方発見するつもりで観るといいと思う。
(5点) ★★★★★
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-12-22 00:00 | others

ストロベリーショートケイクス




e0076213_2151279.jpg
 泣いてすがった大失恋を経ても尚、恋がしたいと口癖のようにつぶやく里子。稼いだ金で一人で生きて死ぬために5階以上の高層マンションを買うつもりでいるデリヘル嬢の秋代。口を開けば男と占いのことばかりのルームメイト・ちひろに、過食と嘔吐を繰り返すイラストレーターの塔子。4人の女性の奇妙な関係とそれぞれの度たちを描く。原作は魚喃キリコのコミック『strawberry shortcakes』。


e0076213_23332812.gif もうこんなに共感できた作品は久しぶりです。最初に原作を読んだときは、なんか出てくる人たちがみんなネガティブなことを考えるのがカッコイイと思っていそうなところがイヤだったんですけど、あれから何年もたってこのお話と映画版で再会してみると、不思議とみんなの気持ちが分かるからビックリ。思わず原作も読み返して、ああ、こんな話だったのかって、なんか感心しちゃいました。恋愛ってやっぱり楽しいことばっかりじゃないですよね。でもしばらく経つといつの間にかまた恋がしたくなってくるから不思議です。あー、恋でもしたいっすねー!
(9点) ★★★★★ ★★★★



e0076213_2154284.gif 都会暮らしのやさぐれた20代独身女性4人のやさぐれた生活を淡々と描いた物語。池脇千鶴がかわいいのは当たり前としても、男からすると共感するのが難しいようなキャラもだんだんかわいく見えてくるのがすごい。ただドラマ性は相当希薄。キャスティングはかなりいいのだけど、それぞれの役者の存在感だけに頼りきっている感じで、個々のキャラに対する共感以上のものは何もない。加えて秋代のキャラがやや弱く里子との関係性も薄いため、ちひろと塔子のコンビとアンバランスで、そのためラストもいかにもとってつけたような感じになってしまっていると思う。映画としては4点くらいだが、池脇千鶴萌えってことでプラス1点。
(5点) ★★★★★



e0076213_23335344.gif 4人の女の子の群像劇で、他にも類似作品が多くある中で、本作が抽んでているのは、間違いなくセックス描写だろう。生々しい。出ている役者もいつもと違う自然な表情をしていて、なかなかリアルである。しかしその一方で、作為的な演出がかなり目立つ。例えば塔子が出版社前で倒れる場面、わざわざ看板の絵に合わせて倒れる。他にも凝ったカットやつなぎがあって、巧いことは巧いのだが、そのぶん映画が作り物っぽくなっている。 ストーリー的にも悪い男(加瀬亮)がステロタイプなのはいただけないし、池脇だけ他の娘たちとトーンが違っていて、最後まで傍観者的立場なのもバランスが悪い。リアルの規準を定めなかったのがこの映画の敗因である。
(5点) ★★★★★



e0076213_23342325.gif 映画用にほぼ作り起こされた池脇千鶴パートと、原作を踏襲した他の3人のパートできっぱりと明暗が分かれた作品。恋愛至上主義の不毛さを身にしみながらも、やっぱり恋愛したくてたまらない池脇のキャラ造形はリアルで魅力的だが、原作の設定を引きずった他の3人に関しては自傷的な売春、拒食症、結婚亡者といずれも類型的で、古い。冒頭とラストのカットなど、演出的には気の利いたいいシーンがたくさんあるが、全体としてはちぐはぐで散漫な印象をぬぐえない。4人の絡みが弱く、ラスト近くの全員集合がかなり不自然に移るのもマイナス。力のあるスタッフには違いないので、次回作に期待といったところか。
(5点) ★★★★★
[PR]
by wakusei2ndnews | 2006-12-12 23:34 | movie